100103逢山峡、仙人窟、六甲山上、寒天山道

画像
仙人窟のことを知ったのは、中学生の頃、当時のエリアマップの「六甲、摩耶、有馬」を手にした時。六甲山頂付近からそこへ、黒破線路が伸びていた。約30年前の事だ。10年程前のエリアマップには、名前こそ記されていたが所在不明と書かれていた。最近の地図には、名前こそ記されど場所の特定不能だ。

インターネットが発達したお陰で昨年のGW頃には、行ける事も判り、場所もある程度特定出来ていたが、持ち越し状態だったが、この正月時に行ってみようって気になった。
神鉄唐櫃台よりスタート。住宅地を抜け東山橋へ。林道を登って行く。この辺りの林道は道標もなく、複雑に分岐する。地図にない林道もある。シラケ谷の林道を登り詰めると谷が分岐した所で林道終点。その上にて、表題の写真の標識があった。
分岐した谷の界尾根を登る。急な尾根にジグザグに踏跡がついている。メチャきつい。傾斜が少し緩くなりしばらくで仙人窟に登り着く。先の震災で崩れた様だ。標識こそあるもののここを訪れた人はかなり少ないと思う。この上は薮が深くなる。こんなとこで薮こぎしたくないなぁと思いつつも仕方がない。自分が好きで行ってるのだから、普段着にリュックも背負わずだから。街中歩いてる普通のおっさんスタイルだ。こんな格好で遭難するのはヤバ過ぎる格好なのだ。
笹は深くなりヤだなぁと思ってたら六甲山頂の別荘地に出た。T字路を左に行くと、人工スキー場の駐車場で、ケーブル駅へと歩いて行く。
下山は寒天山道とする。こちらは登山者多くゾロソロ登ってくる。油コブシの道を右に分けると笹が被る箇所もあるがよく踏まれた道が下って行く。途中、なだらか道とキツイ道に分かれるがなだらか道を下り、渦森台の住宅地をかすめて寒天橋に下り着く。渦森橋バス停よりJR住吉駅に出た。なんだか大きな目標の一つをこなした満足から反省会は十三のホルモン焼屋にて。

画像
画像
画像
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2010年01月04日 07:51
仙人窟はまだ訪れてないので是非行ってみたいと思いました。茶園谷からシラケ谷沿いに登れば良いのですね、仙人窟から人工スキー場近くの心経岩にも再び寄りたいです、この辺りには六甲カンツリーハウスや高山植物園、ホールオブホールズが有り造られた楽園のイメージですが、隣の心経岩や雲ヶ岩の所は自然のままで対照的です。
まーちゃん
2010年01月05日 07:27
う~さん

心経岩や雲ヶ岩のすぐ近くに来ていたのに、訪ねそびれてしまいました。また、いつか訪ねてみたいです。

仙人窟へは、シラケ谷の林道から入りますが、一つ手前に紛らわしい林道があるので注意です。上部は薮が深くなりますので、晩秋から早春の時期がよいと思います。
う~さん
2010年01月06日 08:20
ハイ 仙人窟への登山道並びに藪の件、了解したしました。
まーちゃん
2010年01月08日 22:02
う~さん

どこ行っても人に会う六甲山ですが、ここはまず他の人に会うこともないと思います。
静かな山行をお楽しみ下さい。

この記事へのトラックバック