100504打越峠、西お多福山、雲ヶ岩、心経岩、徳川道、トゥエンティークロス

画像
この前、仙人窟を訪ねた時に近くを通りながら、行きそびれた雲ヶ岩と心経岩に行ってみた。
それらの岩がある六甲山上まで、まだ歩いてない打越峠を越え、西お多福山経由で上がる事にする。

阪急岡本より住宅地内の急な登りを経て山道に入る。若い頃、一度だけ訪れた甲南バットレスの取付をいつの間にか通り過ぎ、谷沿いの山道を登って行く。山ノ神より尾根に取付きジグザグの山道だ。途中、管理道が横切る。再び谷の中(水は渇れてる)を通り打越峠。おっさんがパイプを吹かしていた。なんだかイキだ。左に登れば打越山だが、また次の機会に行ってみよう。反対側に下ればすぐ黒五谷。住吉川へは小さな峠を越える。その峠より黒五山を往復する。住吉川道と合流すると上流方向へ。一度、左岸高く巻いて再び谷へ。そして、西お多福山の取付き。高校生の頃、山岳部の相棒と西滝ヶ谷側から取付き酷い薮と刺草との格闘でボロボロになりながら縦走路に登り着いたが、いつの間にか登山道が整備された。この登りが今回のメインの登りとなる。暑く苦しい登りが続くニセ最後の登りが幾つか。最後はなだらかになり車道に出た。西お多福山は昔から大きな電波塔があって山頂は踏めない。車道しばらくで縦走路に出て、極楽茶屋方向へ、この辺りは小さいながらアップダウンが多くこたえる。極楽茶屋前で一休み。凌雲台より雲ヶ岩探索を開始。別荘地を抜ければ僅か
な場所にある筈なのに道の真ん中に離し飼いの犬。犬の災難多いなぁと思っていたら後ろから車。運転していた偉人さんが、アノイヌダイジョウブデス。との事で静かに通る。その先、細い笹の中の踏跡を追うと、岩(名前忘れた)があり、左下に下ると雲ヶ岩。急下降すると心経岩。すぐ下が登山道でそのままドライブウェイに出て記念碑台。時間はたっぷりあるので多少ヘロリ気味だが丁字ヶ辻、サウスロード、杣谷峠、徳川道、トゥエンティークロスと下って行く。ハイカーが多い。市ヶ原では桜茶屋では我慢できたビールが紅葉茶屋では我慢できずロング缶。飲みながら布引貯水池、布引渓谷と遊歩道を進む。滝の茶屋でビールのお代わりしてヘロリながら新神戸へ。そのまま阪急三宮まで歩く。昼時は過ぎているのに反省会に適当な店は皆混んでる。仕方なく十三へ。久々にマグロ屋鉄に行くが馴染みのスタッフがいなくて、みな中国人になっていた。なんだか違和感あるが、お姉ぇちゃんは愛想良くついつい飲み過ぎた。

画像
画像
画像
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

う~さん」
2010年05月08日 10:18
驚きました!!
阪急・岡本から八幡谷を通り打越峠~黒五谷~住吉道~西お多福山~縦走路を歩き~ガーデンテラスから六甲カンツリー前を通り心経岩~記念碑台から再び縦走路の逆走と熊笹のサウスロードを歩き杣谷峠から徳川道~トエンテイクロス~新神戸駅裏のロングコースを・・そして十三で昼飯とは・・? 例え遅い昼飯と言っても・・・超早歩きですね。
まーちゃん
2010年05月09日 16:15
う~さん

表六甲の下山コースは大半転げ落ちるような急な下りが多いです。実は、足首が捻りやすく、そのリスクを考えると、どーしても今回のようなコース設定なんです。
目的を達成すると早くビール飲みたくいつも必死で駆けてるんですよ~

この記事へのトラックバック