100828金沢文庫駅~能見堂跡~金沢自然公園~天園~十二所~朝比奈切通し~六浦~釜利谷

画像
朝早く起きて何処かに行こうとしていたが、起きれなくて、家を出たのは、8時を過ぎていた。こんな時は、近場の山。

近場の山といえば、ちょっと前まで金沢周回コースと呼び、○カの一つ覚えのように、このコースを歩いていたが、最近は違うコースがばかり歩いている。久々に、金沢周回コースを歩いてみる事にする。

自宅から金沢文庫駅迄歩くだけで、汗だくだ。正規のコースは、まだ通行止めのようで、迂回コースへ。暑い住宅地横から、コースに乗る。コース上は、木々の緑が太陽を覆い隠し、思ったより暑くない。能見堂跡より巨大ジョーゴへと、緩やかにアップダウンを繰り返し進む。ここで左に折れ、金沢自然公園へ。陰のあるベンチでひと休み。シダの谷より急な階段を登って左へ、動物園の裏口よりY字を左へ。再び草の繁る階段を登り、アップダウンを少しで、釜利谷陸橋にて、横々を渡る。関ヶ谷奥見晴台へは、階段が整備され歩き易くなった。さっきから家の鍵を掛けたかが気になっていた。盗られも大した物はないが、韓国歌謡のCDは困る。15年かけて約150枚。今じゃ韓国行っても手に入らないのがほとんどだしなぁ~気になりだすとどーしようもなく、西小ダイレクトを下る。下り着いた場所から自宅まで住宅地の中を抜けるが案外遠い。自宅へ戻るとちゃんと鍵が掛かっていた。このまま終わろか!?とも思ったがまだ10時だ。再び、西小裏より西小ダイレクトを登り返すが、最後の登りはキツイ。結局40分程のロスでコース上へ。すぐ、関ヶ
谷奥見晴台でここからは水平道だが、先程の登りが応えてスピードに乗れない。それどころか何だか苦しい。市境広場でもひと休み。そして、ペースを上げることなく天園へ。いつもの岩の上では、時折風が強く吹いて心地よい。端泉寺方向へ緑のトンネルの中進む。貝吹地蔵より十二所下り口へ、前は道標があったが今はない。道は雨の後は少し荒れるがまぁ歩きよい。十二所神社でお参りしたら、後は朝比奈切通しを越えるだけだ。最初は平坦だが果樹園の分岐を過ぎると、登りになる。今日は水が少なく歩きやすい。キツイなぁと思う頃、切通しへ登り着く。後は下るだけだ。足の出るまま下って行く。横々くぐると車道となり、すぐ朝比奈バス停だがそのまま下ってセブンイレブンにて、ビールを一気飲み。ここから自宅まで六浦~白山道経由でまだまだ長~い道のりをダラダラ歩いて帰る。

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック