101123神武寺より鷹取山、逗子クリーンセンター、六浦

画像
初電に乗れる時間に起きて天気の回復を待つ。夜明けの頃には雨は止んだが、怪しい雲。行き先はだんだん近場となる。9時を過ぎた頃、家を出る。リュックは背負わず、二万五千図のみ持って、金沢文庫駅へ。行先は、神武寺から鷹取山に登り北に続く破線路を追う事にする。denさんのコピー山行だ。
京急神武寺駅で下車。逗子中学の横よりハイキングコースに入る。車道が終わると沢沿いに進む。途中左に気になる沢の分岐。そちらにも小経がある。鷹取山北側に詰めるようだ。分岐からすぐに東逗子からの道が合わさり、神武寺の境内に入る。お寺を抜けると、石畳の登り。雨の後なのでやたら滑る。今回は、134.2mの三角点に寄る。二子山が間近だ。以前はこちらをコースが通っていたようだが、今は巻いている。
鎖場を通過すると、鷹取山は近い。北への破線路は広場に出る前に分岐して山頂の岩場を西側から巻いているようだが、滑りそうな岩場にトラロープが垂れている所かな?もっと良い下り口はないかと、一段上から探すが岩の上だ。とりあえず、展望台へ。だいぶ晴れてきた。丹沢も雲が取れてきた。富士山や箱根は雲の中。
先程のトラロープの所へ行く。濡れて岩が滑るので恐る恐る下る。下った所の3m程の壁に仏像が彫られている。もう一段、恐る恐る岩場と泥混じりの切れそうなトラロープを下ると平になる。そして、先程の壁の下。多分この壁が、昔鷹取の古いクライマーの言っていたブッダの壁だと思えてきた。「あそこは気味の悪いとこだ。登る気しないが一部の人が登っている」と聞いていた。早々に立ち去る。すぐに分岐。右へ行くと仏像の描かれた壁の先はなんと、鷹取公園への車道の途中だ。分岐に戻り左へ。すぐに湘南鷹取の住宅地内の公園の上を通過。道は幾つか分岐するがメインの道を進む。Y字でまず右へ。これは、そのまま六浦に下る道と判り、左へ。すぐに鉄塔のある景色の良いとこに出た。道はその後も幾つか分岐するが、広い道を選ぶ。やがて、清掃工場に下り着く。車道をどんどん下って行くと池子のトンネルの前。神武寺駅か六浦駅かどちらが近いか?と地図見たら、六浦駅の方が近いのでトンネルを抜け車がビュンビュン走る道を六浦駅へ。電車に乗っても金沢文庫から自宅まで歩く事考えるとそのまま環四に出て白山道経由で歩いて自宅へ帰る。途中のコンビニでビ
ール買って飲みながらのご機嫌な歩きである。

画像
画像
画像
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

den
2010年11月28日 17:59
コピー山行ありがとう。
神武寺からの左手への路は、私が富士見岩と言っている逗子高校分岐のちょっと先(2-3分降った辺り)へ出るみたいです。じつは老人ホームのちょっと先(岩を削った路の手前)にも山へ入れるところがあるけど、そこからとも途中で出合うみたい。
私も沢側から行ってみた事がありますが、急な所を上ると路はわかりにくく諦めた事があります。
お疲れ様でした
まーちゃん
2010年11月29日 07:27
denさん

情報ありがとうございます。また、探索に出かけてみます。鷹取山の北側は、道が複雑にあちこち分岐してますね!全てを解明するのは時間がかかりそうです。楽しみが増えました。

この記事へのトラックバック