101226田浦から鷹取山、神武寺へあちこち小経を探りながら

画像
いつも山行く時間に目覚ましが鳴っているのは解っていたが、どーしても起きれなかった。疲れがたまってるのだ。
近場にしよう!!
家を出たのは9時を過ぎていた。駅へ向かう途中に床屋がガラ空きだったので寄って行ったりしていると駅には10時半頃着いた。さて、どーしよう?浦賀行の電車が一番早く発車するようなので、瞬時に田浦から鷹取山に行こうと決めた。
鷹取山によく通っていた頃、一度だけ田浦に下りた事があったが、どんな道だったかは、全然思い出せない。駅を出ると、適当に山の方へ進む。途中より、鷹取山を指す道標もある。住宅地より階段登ると浜見台15分と書かれた道標のT字路。鷹取方面へ。住宅地越しに鷹取山の岩場が望める。その先で以前、鷹取山から三浦アルプスへと向かった道に合流。鷹取方向に少し進んだとこで左にハッキリした道が分岐。入ってみるとすぐに尾根沿いと右へ谷に下る道。尾根沿いは沼間6丁目方面の様だが、これは後日。右へ下ると岩床で倒木二つ三つ潜ると住宅地に出た。沼間4丁目の何処かだが、判る場所まで下る。この前、黒破線路を追ったものの薮で退却した時に通った場所で元の尾根上に登り返す。更に鷹取方面に進むと左にハッキリした道が分岐。これは、鉄塔巡視路の様だ。3つ目の鉄塔より薮が深くなり、先程の住宅地に下っているみたいだが、ここで引き返す。そして、マジックマッシュルームの前へ。クライマーはいない。壁のチョーク跡が少ない。スイートマッシュルームやソルティーマッシュルームなんかは、あまりトライされてないようだ。主流は人工壁なのか
な?南面フランケには、数人クライマーがいてトップロープが二本。天の川とダイレクトをトライするクライマーを見物。
富士見岩へ。熱心に写真撮影されてる方がおられた。denさんかな!?と思ったが人違いだったら恥ずかしいしなぁと声かけれず。うっすら霞んだ富士山。北に伸び尾根へ。尾根を進んでしばらくすると、分かれ道。左へ。すぐまた分かれ道。これも左へ。急に下りだし本尾根を外したのが判る。沢に下るとすぐ神武寺駅からのハイキングコースに出た。この前来た時に気になっていた道であった。再び神武寺経由で富士見岩へ。今度は、最初の分かれ道を右へ。左なだらか右急な尾根を進む。一人登って来たが、機嫌悪そうに通り過ぎた。そのうち急に下り立入禁止の看板。強硬突破して進むと学校の裏。再び立入禁止の看板。仕方なく戻る。先程の人が機嫌悪そうだった意味が何となく判った。分かれ道まで戻り、次の分かれ道を右へ。いい感じの尾根を進むと踏跡は幾つか分岐するが一番明瞭な道を選ぶ。だんだん急な下りとなる。最後は、やたら長いトラロープが張られている。ロープにしがみつきながら下ると老人ホーム前。神武寺駅へ。

金沢文庫駅に着くと、お蕎麦屋さん「寿徳庵」へ、今回で二回目だが前回は昼食時に訪れ、慌て食事のみで帰ったが今回はお酒一本に鴨つくね、もりを頂く。

画像
画像
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

den
2010年12月29日 01:11
まーちゃん
こんばんは。こちらは明日も仕事ですが、こんな時間になってしましましたが、とりあえずコメント。
富士見岩から逗子高へは、最初の分岐*1を、右へ行くと高校の裏手。さらに高校の隅*2を抜けていくと、東電の巡回路を登って、逗子クリーンセンタに続く路へ出ます。
*1を左へ行くと、裏参道(神武寺駅からの参道)へ出れる二つの路の分岐*3に出て、左へ行くと掘った路の手前の樹林へ、右へ行くと老人ホームの先の広場の先へ出るみたいです。
*2は通行禁止になっているんですね。文中の分かれ道が*1ですね。*3は分かれ道を右へになるようです。
*3の先は私は未だ行ってませんでしたが、今度チャレンジしてみます#わかりにくいな?
今度地図見ながら、寿徳庵で一杯やりましょう。地図コピーしておきます
まーちゃん
2010年12月31日 07:15
denさん

鷹取山周辺は、まだ歩き始めたばかりなので概略もつかめてない状態です。今回も地図を忘れて、帰ってたどったルートを追ってみたものの納得出来ない部分もあります。他にも気になる小経がありました。また、探索に出かけてみようと思います。

帰省で京都に帰ったものの天気が悪く次の山歩きは年明け後となりそうです。
また、どこかでお会い出来る事を楽しみにしています。

この記事へのトラックバック