110116釜利谷市民の森(馬の背コース、金杉谷コース)

画像
土曜出勤の後の日曜移動。朝しか時間がない。地図を見回す。釜利谷市民の森に歩いてない二本のコース。馬の背コースと金杉谷コースだ。
早速、家を出る。歩いて、登り口の市民の森入口バス停へ。登りに馬の背コース、下りに金杉谷コースを通る事に。
登り始めはコンクリーの急な登りだ。しばらくでベンチのある広場。馬の背広場である。ここより山道となる。少し進むとやや尾根がヤセた部分が馬の背で、両側コンクリートの手すりが設置されている。でも、こんな住宅地や道路に近いのに山にいる気分な場所だ。そして、金杉谷コースと合流して、六国峠のハイキングコースに登り着く。金沢自然公園の上の駐車場が見下ろせる場所だ。金杉谷コースへと少し戻る。杉林の中を下る。一部、ドロの多い部分もあるが、何だか山深いとこにいる気にさせてくれる。すぐに、金沢自然公園の下の駐車場の横に出て、車道を市民の森入口バス停前へ。

これらのコースは、ワザワザ遠くから、その為に来るほどでもないが、天園へのアプローチや金沢自然公園で遊んだ後のぶらり歩きには良いと思われる。

家に帰ると支度して、東北新幹線にて新白河へ。最初、晴れていたのに宇都宮を過ぎると雪。しかも、メチャ寒い。ここは、食事に出るのもコンビニも遠い。粉雪舞う中、黙々歩く。あーさむ~い。夜はおとなしくしよう。

画像
画像
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック