110402港ヶ丘から乳頭山、上山口茅塚巻コース、大沢川、田浦泉町

画像
KAZESAYAGE2期の振込やその他の雑用を済ましてして、京急田浦駅をスタートしたのは10時を過ぎていた。今シーズン中にどーしても、大沢川を歩きたかった。上山口へのバスでのアプローチが分かり難いので、この前ミックスナッツさんと花立小僧さんとで歩いた茅塚への登りの途中より激薮尾根の上を調査した尾根よりアプローチする事にする。

乳頭山へは何処から登ろかな!?なんて考えながらR16沿いに歩くが一番ノーマルな港ヶ丘とした。新しい住宅地よりコンクリーの階段登って、東尾根へ。東尾根からの枝道も色々ある様だ。次のシーズンには沼間へのコースも歩いてみようなんて考えながら歩いているとMTBの集団とすれ違う。快調に乳頭山へ。登山者もちらほらだ。前回は茅塚を越えてきたので、今回は茅塚の西を巻いて上山口へ下るコースへ、急下降少しでトラバースしながら茅塚からの道に合流。茅塚を越えるコースの方が明瞭だ。その少し下で上山口小への道を右に分け左へ。少し登って、この前に激薮尾根の登り着く場所を確認した所を過ぎるとロープの付けられた急下降で案外小さなアップダウンがある中、鉄塔にたどり着いた。この先、巡視路用の階段があるが、やや荒れ気味の急下降にて、大沢川沿いの道に出た。まず、下流方向へ。すぐに老夫婦が登って来られた。ニリン草を見に来られたとの事。聞くと五分程で車道に出るらしいので引き返し、上流方向へ。この辺り白い花がニリン草と教えられる。上流は荒れてるよとも言われてた。最初は河原に草も生えなんとなく汚く、森戸川に比
べると劣ると思っていたが、しばらく行くと岩床となり楽しめる。岩も滑らない。何度も右に左にと渡る。倒木のある場所もあるが思ったより快適だ。上から、畠山分岐の先ですれ違った二人組が降りて来た。先程もお会いいましたねぇって挨拶交わす。岩床は続き、小さな滝や釜もある。水量がかなり減ってもかなかな詰めにならない。1:1の分岐で両方とも薮と倒木で通過困難になる場所で右にバンド状の道に這い上がると沢とどんどん離れて登って行くと見憶えのある(この時は、そー思った)13号の石柱の前に登り着く。この前、ミックスナッツさんと花立小僧さんとで来た時はこんな道登って来てたかな!?まぁいいや、トラバース道で田浦梅林に出よう!下り始めるといきなり倒木。こんなのあったかなぁ?それに、やけに荒れている。いつまでも、ロープの急登路に出ないどころか、どんどん下ってる。横々と同じ目線となった時に間違いだって気がついた。でもこの時は、田浦梅林への道へのトラバース道より倒木かなんかでマイナーな下り道に入り込んだと思ってた。やがて、危なっかしそうな橋がある先は民家がある。橋はヤバそうで下に下りて川を渡る。歩き
ながら携帯で花立小僧さんのこの前の記事を探す。前に田浦梅林へのトラバース道は14号石柱だったと知る。R16まで出るのまでが遠い。途中、酒屋があったがこの後、期日前投票に行くので、酒はやめておく。ジュースで我慢。
投票を済ませ、近所のスーパーで買物して、釜利谷小川アメニティを歩きながら、ビールモドキを飲みがら帰る。桜が咲き始めてるなぁ~

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

den
2011年04月04日 23:16
まーちゃん
土日歩いたんですね。さすがです。
二輪草がもう咲いていましたか?早いですね。今年は少し遅いけど、もう確実に春が来てるね。
鉄塔下の急勾配の道には、巡視路用のネット階段を通せんぼするように倒木があったんですが、もう片付けられたんですかね?
大沢川を上ると、葉山NPOの「葉山を歩こう」の木古庭編では、畠山への道があると読み取れる地図が掲載されていますが、中々見あたらないよね?田浦泉町へ出たと言う事は、沢を登り切った所(=右畠山、左乳頭山の分岐)を真っ直ぐ下りたのかな?なかなか怪しい道に思えて私は行った事がない。
まーちゃん
2011年04月05日 12:43
denさん

鉄塔から大沢川への巡視路の倒木はそのままです。
大沢川から畠山へは、途中左岸からの支流に入れば、行けるのかな!?上が激薮そうなので、入るのは勇気がいりそうです。
あと、泉町への道は多少荒れてますが夏場じゃなければ問題なさそうです。
そろそろ、三浦アルプスは来冬までお休みかな!?と思える季節です。次は何処行こかな?と時間ある時は地図眺めてます。

この記事へのトラックバック