110813塩屋駅より旗振山、鉄拐山、須磨アルプス、高取山

画像
やっぱ六甲全山縦走のスタートは塩屋駅からだよなぁと今年の正月に出かけてみたが、六甲連山が瀬戸内海に没する尾根じゃなく、エリアマップ通りの一本奥の尾根を登った。時間が経つと、どーしても瀬戸内海に没する尾根から登りたくて、出かける事にした。

山電塩屋~旗振山~鉄拐山~おらが茶屋~高倉台~栂尾山~横尾山~東山~妙法寺駅~高取山~長田小学校~高速長田

塩屋駅で下車すると、駅前のコンビニで最低限の飲み物とオニギリ一つ買う。脂肪燃焼系の飲料を飲むとバテると言う同行者の言葉に、ホンマか!?と脂肪燃焼系の飲料にした。う~さんに教えてもらった通り商店街に入らず、そのまま進む。その後、どこ行くんだっけ?道標の類いはない。犬の散歩をしていた方に取付を教えてもらって山に入る。最初は階段ですぐ山道となる。時折、散歩の人とすれ違う。いい道だ。地図の赤線路の合流には、双方に指導標有。遊園地風の場所に登り着くと旗振山まではすぐだ。それにしても暑い。でも、海が綺麗だ。下って登れば鉄拐山。この鉄拐山は北側の巻き道を使えば、展望のない山頂は省略出来る。少し下れば公園に出て、おらが茶屋で急な階段下れば、高倉台の団地に下る。団地内のスーパー前で休む。トイレもある。陸橋で道路を渡って左へ進むと栂尾山への登りとなる。日射しまともな一直線に伸びる急な階段から始まる。すぐにバテが回りだす。そのバテ方が初めてのパターンだ。言い様のない空腹感。力が出ないのだ。階段は登り切りった辺りは一休みしている人が多い。そのまま栂尾山まで超スローペースで登る。展望台に登る気
になれず、ベンチに座り込む。ヨロヨロ危なっかしい足取りで横尾山へ。ここからは、キレットの通過となる。岩場になると、再び日射しがまともだ。慎重に下る。キレットの底は風が通る。水野町へのルートが気になる。少し休むと馬ノ背を通過して東山へと亀の如くスピードで登り切る。振り返るとキレットが素晴らしい景観だが、気分がまだ優れない。妙法寺駅方向へ縦走路を下る。最初は急下降だが、すぐ緩やかになる。住宅地に下ると暑い車道を妙法寺の駅へ。駅前のコンビニで冷たい飲み物を買って休む。今日は止めて帰ろうと言う同行者に、まだ頑張ると言い、高取山へと向かう。妙法寺小前の信号までは暑いが下り気味なのであしの出るまま進む。この先、渋滞した道を進むそして右の住宅地へとすすんで再び山に入る。登りになるとペースダウン。長い登りに感じた。途中のベンチで休んで、まだか?まだか?と登って行くとやっと何とか山頂の一角に出た。眼下に神戸市街。素晴らしい景色なのだが、楽しむ余裕がない。やっとの思いで山頂のお宮に参拝して後は参道を下る。途中、左に全山縦走路を分けると、あとは足の出るまま下って行く。バス道に出たら、ビール
って気分じゃなく、見つけ喫茶店でかき氷。体の熱が抜けてく感じだ。そして、長田の街中へ。お好み焼き屋で生ビールでかんぱ~い。

予定通りに歩いたものの後半は牛歩の如く歩みで(トータルでは地図のコースタイム位)、先日も鵯越駅から菊水山を越え、最高峰~有馬への山行を軽くこなした同行者には、もの足らない山行となったかな?

暑さ、体調不良でバテてたのか?脂肪燃焼系飲料でバテたのか?もう一度暑い日に試したいが、バテてもすぐ帰れる自宅近くの裏山か鎌倉辺りの山で試してみたい。

画像
画像
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

う~さん
2011年08月16日 07:52
猛暑の中 いゃ~ご苦労さまでした。
低山では冬場と夏場は3~4倍の違いです。
2011年08月16日 08:48
まーちゃん
13日は一番の酷暑。
あまり日陰のないコースを、よく歩きましたね。
お疲れ様でした。
                    てくてく
まーちゃん
2011年08月17日 10:04
う~さん

正月に来た時は、ルンルンハイキングだなぁなんて感じましたが、今回は、栂尾山への階段で突然バテたって感じです。その後は、帰るまで駅の階段の登り下りもキツかったです。でもまぁ予定通り歩けて良かったです。
まーちゃん
2011年08月17日 10:11
てくてくさん

須磨アルプスは、標高が低いので、暑さは下界と変わらない感じでした。
今回はバテが酷くて景色を楽しむ余裕がありませんでしたが、この辺り、海と山との景色の組み合わせが何とも良いです。

この記事へのトラックバック