110816紅葉谷道、六甲山上、摩耶山、天狗道、布引渓谷

画像

神鉄有馬温泉~紅葉谷道~極楽茶屋跡~六甲山上~記念碑台~丁字ヶ辻~杣谷峠~摩耶山(掬星台)~天狗道~市ヶ原~布引渓谷~新神戸~阪急三宮

候補は2つあったが、京都の山よりは雷雨の可能性が低い六甲へ行くことにした。

いろな名前のつけられた道(○×ロード、△□道)を歩くのも六甲歩きの魅力の一つである。
今回は、まだ歩いた事のない紅葉谷道。
有馬温泉よりスタート。温泉街を適当に抜けて行く。雨がポツポツ落ちてるくが、ロープウェイの駅前を通過する頃には止む。最初は林道歩きで湯槽谷峠の分岐より山道となる。谷の水量は少ない。そのうち探検に行きたい滑滝への取付はどこかな?なんて考えながら行くと、白石谷と紅葉谷の出合。紅葉谷道に入る。最初は紅葉谷と百間滝谷との界尾根を急登する。道は良い。バテないようなペースで登って行く。深い緑がいい。紅葉谷道なんて言うが、尾根を登って行く。かなり登った頃に紅葉谷沿いに少し登ると右の尾根に乗る。しばらくで源頭部の谷を横切りながら右上へと登る。この辺りは道幅が広い。ジグザグに登るようになると、極楽茶屋跡に出た。今日は展望は今一だ。少し休んだら摩耶山方向へ。ガーデンテラス辺りまでは登りだが、あとはゴルフ場、記念碑台、丁字ヶ辻と下り気味で順調に進む。この前は、サウスロード経由だったので今回は三国池バス停経由で杣谷峠へ。車道を少し進むとアゴニー坂取付き。ガーデンテラスから若干の登り返しがあるものの、ほとんど下りだったので、短いながらアゴニー坂の登りはキツく感じる。これを越えると、摩耶山はすぐだ
。しばらく景色を楽しむと天狗道を下る。天狗道は最初ぐっと高度を下げると小さなピークを幾つか越える。疲れた足には、少しの登り返しもしんどい。学校林道分岐を過ぎると再び急下降。ハーブ園への道を左に分けたら、市ヶ原まで一気に下る。市ヶ原では紅葉茶屋のみ開いていたが、ビールは冷えてなく諦め。あとは、遊歩道を進む。今日はハイカーは少ない。雄滝茶屋にてビールをGET。滝の水量は少な目。布引渓谷の滝は、てくてくさんのお話し通り、雄滝以外は木が覆い被さり観にくくなっていた。新神戸駅近くのコンビニでビールのお代わり買って三宮駅まで歩いて行く。

画像
画像
画像
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2011年08月19日 12:06
まーちゃん
我が、ホームグラウンドにようこそ^o^
暑いのに、よくぞ、有馬から新神戸まで歩かれましたね
紅葉谷道は、仰るとおり殆ど巻き道で、名前が適当ではありませんね。検討必要です。-_-:
また、お出掛け下さい。
                     てくてく
まーちゃん
2011年08月20日 20:43
てくてくさん

紅葉谷道って七曲滝の上を谷沿いに登るのかな?なんて思ってましたが、大半が尾根や山腹を歩くコースだったんですね!濃い緑の中の登りが印象に残りました。

この記事へのトラックバック