120205大峰、向山、志田峠、三増峠、小倉山

画像
あつぎ大通り=バス550円=半原~大峰~向山~志田峠~三増峠~小倉山~小倉橋~JR橋本

この辺りを丹沢と呼んでいいのか判らん。焼山~柏原ノ頭~南山~大峰~小倉山と尾根続きなんだけど…小倉山に登りたいと、2年前に津久井城山~雨乞山へと歩いた時に思った。丹沢山塊(自分は丹沢と思ってる)の北東の端に位置するこの山は、薮もありそう、夏は蛭うじゃうじゃなイメージだ。
丹沢の主要部は雪。体は疲れてる冬の日~こんな時に訪ねてみようと思っていた。

AYさんと出かける。あつぎ大通りよりバスに乗る。終点の半原で下車。取付きが分からず少し探す。いきなり急な登りから始まるが、踏跡明瞭である。途中、樹木の間から宮ヶ瀬ダムが見えた。稜線に出てすぐ左に大峰山頂。やや開けているが展望はない。向山へ薄暗い中進む。途中、左下に朝日寺が見下ろせる場所があった。この寺の犬がメチャクチャ吠えるってなイメージしかない。一つ先のピークが向山。電波塔のようなものがあるが、ここも展望はない。その先で左へ志田峠へ急下降。志田峠の南側は建築残土か何かの処理場になるようだ。峠からそのまま尾根通しに行けるか心配だったが、そのまま行ける様だ。しかし、薮混じりの急な登りだ。お気楽ハイク気分だったので応える。登り着いたP417より少し進むと雨乞山~三増峠への尾根に乗る。その先でルートミス。最初は気付かずに、この道標間違ってますよね~とドンドン進む。なんとなく地形図とツジツマが合わなくなって来た。かなり下った所でAYさんが、やっぱりおかしいと、周りの地形と地図で再検討。間違ったのはかなり上だと知る。一度、県道に出て三増峠に登った方がどー考えても早いが、間違え
た場所迄戻る。何だこのいい道で正しかったのか~といい道を進む。今度は尾根の分岐をちゃんとチェックして進む。三増峠は林道がかすめていて、峠道は根小屋側は薮に埋もれていて分からない。少し休んで尾根を進む。案外アップダウンが厳しい。分岐も多い。ゴルフ場が見下ろせる馬頭観音の分岐より明瞭な道となる。右にゴルフ場を見下ろしながら進む。そして、林道に出る。林道を少し進んでP313への取付きにて休む。P313へは薮混じりの急な登りだ。P313にて右へ行くと第一展望台との事。左の小倉山へ。再び明瞭な道となる。この辺りの樫の林が素晴らしいとAYさんが絶賛。そー言えば今回は常緑の木々の中を主に進んでいて、どっか三浦半島の山を歩いてるのと似ている。小倉山は薮の中、静かなピーク。ベンチくらいあると思っていたが…下山はそのまま北の尾根を下る。左は古い有刺鉄線の柵が続く。採石場なのだ。道なりに下って行くと陸橋でダンプ道を渡り農場を横切ると車道に出た。津久井城山が近くだ。車道を進むと相模縦貫道の工事現場を経て小倉橋へ。橋を渡ってからの河岸段丘の登りがキツイ。しかし、上部で白馬尾根の白馬が眺め
られた。住宅地を抜けてバス道に出ようとした途中でスーパーを見つけ、酒3種とコロッケ3種を買う。酒飲みながらバス道に出るとバスの本数は多い。バスに乗らずに酒飲みながら歩き続ける。酒が無くなった頃橋本駅に歩き着く。

とっても地味なコースでした。展望のきく場所も少ないと言うよりは無いに等しい。思った以上にアップダウンがあってしんどいけど、RFしながら歩くには楽しいと思う。また行こうとは思わないが、雨乞山とP413の尾根はいずれ繋いで歩きたい。
AYさんありがとうございました。

AYさんinfo. http://akichanpon.at.webry.info/

画像
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

den
2012年02月06日 21:31
まーちゃん、お久しぶりです。
ふれあいの道の東寄りで小倉橋へ行けるルートがあるんですね。神奈川ふれあいの道くらいは歩いておきたいと思いますが、結構穴だらけです。今度教えてください。
最近の私は、今年は丹沢雪深くて、もうあきらめムードです。
まーちゃん
2012年02月07日 07:15
denさん

私も雪があると進んで山へ行かないんですが、丹沢の前衛の超低山は雪は陰に残る程度で、薮が少ないこの時期が快適ですよ~標高500m以下の所は全く問題なしかな!?今回は三浦アルプスでも歩いてる感じでした。

この記事へのトラックバック