130103樫ヶ峰(社家郷山)

画像
阪急逆瀬川=バス210円=ゆずり葉台~樫ヶ峰~外レ峰~小笠峰~大谷乗越~岩倉山~塩尾寺~阪急宝塚

そのうち出かけてみたいと思うもなかなか足が向かなかった樫ヶ峰に行って来た。

今津線の電車に何年ぶりに乗るんだろ?小説と映画「阪急電車」の舞台となってから初めてかな?

逆瀬川駅で下車。バスはすぐに発車。ガラガラだ。ゆずり葉台で下車。少し戻って橋を渡った場所が取付き。いきなり急登だ。明るい中、高度を稼ぐ。六甲らしい登りだ。傾斜が落ちると送電鉄塔の横を通り、登って行くと展望の良い場所に出た。甲山が見下ろせる。明るい中登って行くと樫ヶ峰山頂。山頂は樹木に覆われてるが、この先はヤセ尾根で展望も良い。六甲でも屈指のいい所に思えるが夏場は薮が煩さそう。なかなか素晴らしい尾根歩きだ。東の三辻を過ぎると常緑の木々に囲まれ展望はなくなる。西の三辻から少し先が外レ峰の分岐。冬場意外は入る気しない踏跡の先にピークが確認出来るが、展望も良くなさそう。とりあえず行ってみる。薮がウザイ。外レ峰は常緑樹の中のパッとしないピーク。ピークハントのマニアじゃない人は行かない方が無難だ。分岐に戻る。次のピークが小笠峰。ここも常緑樹に囲まれたピーク。この先、急下降して車道に出た。大谷乗越方向に少し進んだとこからエデンの園(逆瀬川)方向への下山路はゴミの投棄の多い谷みてヤメ。車道を大谷乗越まで行って東六甲縦走路を宝塚に出る事にする。岩原山からナガモッコク尾根もそそられるが、
蓬莱峽に下山してからのバスの便が悪そうでその気にならない。
車道を大谷乗越へと登って行く。車は少ない。ヘアピンカーブが連続すると大谷乗越は近い。大谷からの踏跡を確認すると東六甲縦走路を宝塚方向へ。歩く人は多い。快調に縦走路を進む。赤子谷からの幾つかの踏跡が以前よりかなりハッキリしている。最近は歩く人かなり増えたのが判る。岩倉山で少し補給を取ったら塩尾寺へ下る。ここから武庫川までは急な車道の下りだ。住宅地に出ても容赦ない急下降。武庫川の橋の手前のローソンにて缶ビール。飲みながら武庫川の橋渡って宝塚駅へ。

帰りは2通りある。宝塚線で十三、今津線で西宮北口で乗り換え神戸線で十三。「阪急電車」の舞台になった場所余り見つけられなかったので今津線で帰る事にした。結局、ゴンちゃんが見つけたワラビの斜面位しか新たに見つけられなかった。
六甲の山でもマイナーな山だけど展望が抜群に良く、一部急だけど道もそんなに悪くない。お奨めコースだ。

画像
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック