130228鷹取山 オートリバース

画像
久々に平日の休み。易しいルートを登ってみようと準備していたらユマールが無い。プルージック使って登る気にもなれず、ロープは置いてボルダーで遊ぶ事にする。あれこれ探していたら、人工壁用に以前購入した比較的デカめのクライミングシューズを発見。

前日の雨で一部壁は濡れていたが、まぁ登れる状態。あれこれ岩場を最初は見て回る。
弓形クラックの前後をトラバースする課題オートリバースをトライする事にする。以前は時計回りでも反時計回りでも楽々で出来た課題だ。5.10位だったように記憶する。見た感じ弓形クラック下辺りは難しそうで、田浦ハイキングコース側のスタート地点から時計回りでトライ。何とか落ちずにトンネル下へ、しかしここからはホールドの持ちが悪く足もズルズル滑る。そして、落ちた。そのまま続けて反対側の弓形クラッシク下はホールドがより悪く難しい。足も滑る。弓形クラック取付き辺りからは再びホールドが良くなり易しくなってスタート地点に戻る。もうこれだけで腕はパンパンだ。
休んでいたら、1人のクライマーが話しかけてきて反時計回りの方が易しいとの事と全体に以前よりホールドが丸くなって難しくなっているとの事。今度は反時計回りでトライするがボロボロ。しかも公園入口側は下り気味のトラバになる。
以後、時計回りの公園入口側だけでも極めようとしたが、腕は弱って落ちず片面トラバも出来なくなった。3~4回程度しかトライしてないけど、引き上げる事にする。いつの間にか南面フランケや電光クラックにTRがセットされている。がクライマーは少ない。

少しのトライで腕はヘロヘロでなさけないけど、またチャレンジしてみよう!

画像
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック