140405湯河原幕岩

画像
キリヤマ隊長、アンヌ隊員、まーちゃんで湯河原幕岩へ。

今回は正面壁ニューエリアのイノキ岩で遊んだ。

幕岩公園から見上げると、毎度の事ながら茅ヶ崎ロックは混んでそうで、正面壁にもクライマーの姿を多く見かける。

どーしよ?とりあえず正面壁前へ…取付き易そうなルートは人が居て…古い記憶を頼りにイノキ岩へ行く事に…紛らわしいトラロープに騙され、踏跡追うと、道見失い無駄に時間過ごす。アンヌ隊員はVルートみたいで楽しいとの事だが自分は泣きそうだ。諦めて戻ろうとしたら先程のトラロープの下降点も判らなくなったのが、ラッキーでトラバしすぎた先のルンゼに見覚えが何となくある。ルンゼにもフィックスあって導かれ登り着いた場所はニューエリアの一角だ。左にトラバすると、今はトライする人もないマリファナってルートがある岩を見つけてその先にイノキ岩を見つけた。岩の上は景色が良い。岩の下は広くなっている。
ルートは右からスパイラルドライバー5.10c、 コブラツイスト5.11d、 アックスボンバー5.10b、ファイナルマッチ5.11cの4本。と難め。っでイノキ岩の隣に登竜門5.11dがあってその奥にベビーエプロンって壁があって5.9~5.10a位のルートがあった筈だが藪で行く気になれない。後で岩見に行ったキリヤマ隊長によると壁はコケ生えて登れないとの事。
アックスボンバーにTRセットして交代で登る。どスラブで、キリヤマ隊長、アンヌ隊員は、初めて体験するクライミングかも!?若干砂が乗っているので、登った人はクリーニングしながら下りる。このルートなかなかの曲者で、皆てこづる。昔訪れた時はスラブは得意中の得意だったが今は一番苦手なクライミングパターンだ。それでも、メッチャ楽しめた。ノーテンクリアは出来なかったが、ホント良かった。スパイラルドライバーは、登るにはもっとクリーニングが必要だ。こちらもクリーニング少ししたが、まだザリザリする。
こちらは、アックスボンバーに比べるとかなりむずい。

今回は、アックスボンバー1本に拘ったクライミングだが、もう多分20年ぶりに訪れたこの岩。ルートは色あせることなく、TRでノーテンクリアすら出来なかったがホント充実した。

キリヤマ隊長、アンヌ隊員ありがとうございました。

画像
画像
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

桐山
2014年04月06日 07:24
幕岩クラシックルート、楽しかったですね。また行きましょう。
webで検索すると、イノキ岩は12クライマーでもノーテンクリアできず「10bじゃない!」といってます。やっぱりなぁ・・・。それと、イノキ岩を探しまくってアプローチに2時間かけたとか。ベビーエプロンはかなり前から登られていないようです。あと、正面壁が解禁になったときに、ボルトをだいぶ抜いたらしいです。
まーちゃん
2014年04月06日 19:43
キリヤマ隊長

自分のえ~かげんな記憶で岩見つけるのに随分時間かかって…でも楽しかったですね!

「岩と雪」105号(1984年10月号)によると、イノキ岩の各ルートはスパイダーマンが初登された2ヶ月前の1984年4月で、アックスボンバーが5.10b、スパイラルドライバーが5.11bで最後を右に逃げずに直上して5.11c。コブラツイストは5.12aとなってます。ファイナルマッチが初登されたのは数年後です。ベビーエプロンも同時期に開拓された様ですが、登れなかったの残念です。登竜門は自分が現役時代でも難しくて登れなかったけど、ベビーエプロンは再開拓してほしいです。
ホント、楽しかったです。今度はメインの正面壁登りましょう!

この記事へのトラックバック