140721玄倉から山神峠へ

画像
新松田=バス=玄倉~蕗平橋~山神峠~玄倉野~玄倉~湯本平=バス=新松田

明日は、ZIGZAGの120度壁のオレンジクラスをメインに登ろうなんて考えていたら、AYさんよりTEL……っで、約8ヶ月ぶりに山行く事になった。行先は決まってない。とりあえず朝一番の西丹沢行きに乗りましょうって事で…最近、休日は7時までは寝る習慣が身に付き朝が辛い。

新松田にてAYさんと西丹沢行きのバスに乗り込む。世附、大杉山、ユーシンと等色々と案が出たが、とりあえず玄倉で降りる事になった。何となく山神峠に向かう林道を進む。沢沿いだから多少は涼しいだろうと思っが、風が無くムシムシだ。ゆっくり進む。蕗平橋まで随分遠いんだなぁなんて感じる。蕗平橋からは山道となるが薮が被り快適ではない。丹沢は薮が無いようなイメージだが、かなり薮が煩くしかも踏跡不明瞭だ。それにこの峠道は山腹をトラバしていて、本来道幅は1m位あっただろうが、崩れて歩き難い。自分が前に通ったのは確か2003年の11月であの時は山神峠越えてオガラ沢から鍋割山に登って大倉に下山したんだよな~道もしっかりしていた。午後2時過ぎには大倉で缶ビールかっくらってた。
今回、体力不足にこの暑さAYさんも自分程ではないが、以前のパワーは無い。ヘロヘロ荒れた峠道を進む。
そろそろかなと思う頃に崩壊地が2箇所。これらの通過で、目眩がする程バテてしまった。その2つの崩壊地を越えると、特に悪い所も無く山神峠に登り着く。もう11時だ。鍋割行くなら、オガラ沢出合い辺りにいないとな~

ベンチで長めの休憩。伊勢沢ノ頭に登る気力無し、ユーシンや雨山峠越えも無理そうだ。結局、玄倉野経由で玄倉に下山する事に…
山神様の後ろからピークに植林斜面を登るが先程に比べりゃ全然歩き易い。
あとは惰性で尾根を進む。途中、林道を使ってコルに下り再び植林尾根を登って大杉山を思わせる平坦な山頂部を進む。ピークで休むが虫が多くて不快だ。平な尾根は下り調子になる下る程に踏跡はしっかりしてきて、そのうちはっきりした道となる。民家の屋根が確認出来る頃、お猿さんの群れだが、お猿さんはあまりコチラに興味無さげ。集落最上部のお社に下り着く。集落の中を抜けて橋を渡ってバス停へ。バスはだいぶ先だ。靴を履き替えたりしてたらAYさんの靴よりヒルが数匹。全て処分して歩きはじめる。丹沢湖湖畔よりトンネルくぐって、坂を下れば、神縄。もう少し進んだ湯本平バス停横の酒屋へ…しかし、シャッター閉まって休みかと思ったら、OKとの事で、缶ビールと缶チューハイ購入。念のために自分の靴を確認したらヒル1匹。西丹沢である玄倉にもヒルとは…
バスは行きと違い混んでいた。

体力不足を思い知る山行となったが、今は鍛えて次の山行って気は無い。もうしばらくクライミングに専念しようと思う。AYさんありがとうございました。ヒルが出たりしたけど、久々の山歩き良かったなぁ~

本厚木の公園で反省会。ardbekさんにTEL すると、出てこられ3人で長い時間飲んでしまった。店より外がいい季節。帰りの記憶が無いのであった。

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック