151101第15回ニカニカ集会

画像
画像
伊勢原=バス280円=日向薬師~梅ノ木尾根~P537~二ノ沢の頭~大沢分岐~P778~P893~唐沢川~けもの達の集会所(会場)~南大山沢~P893~P778~鍵掛尾根~キャンプ場P=車=愛甲石田

行くとは言ったものの会場まで行き着けるかな?
色々案があったが、梅ノ木尾根かヤビツ峠から大山に絞られた。いろいろお誘いもあったが、多分とても付いて歩けなく迷惑かけるかもしれん。それに1人で歩いてみたかった。

朝起きた時はやっぱ行くのヤメよかな?なんてチキンな考えもおこるが、とにかく家を出る。横浜駅で京急から相鉄に乗り換えるとM氏そして大和駅では花立小僧さん。皆それぞれ別ルートだ。自分もコースは大体決まった。伊勢原駅で日向薬師行きのバスにM氏と乗り込む。
バス停ではM氏が先に歩き出した。
まずは坂道に慣れる為、参道じゃなく車道から日向薬師へと向かう。大きな猿が一匹居た。梅林の横からは山道だ。ゆ~くり進む。トラバしながら緩やかに登ってく道で日向山の肩より尾根歩きだ。まずはP537を目標に歩く。最初は緩いアップダウンだがP537の本格的な登りとなるとへばってくる。何とか登りきり次の目標は二ノ沢の頭。浄発願寺の分岐より整備された山道じゃなくなる。傾斜が一定でペースをうまくつかみ登り切る。次は大沢分岐まで頑張ろう!尾根は痩せて変化を見せる。大沢分岐では余裕あったのでP778迄行く。ここでキツイ登りに備える。稜線への登りは途中で何度も立ち止まる。あ~キツイ、ダメだ~と思う頃稜線に抜ける。南大山沢に楽に下れた場所があった筈だが、今となっては分からない。無難に唐沢峠へ。東屋で初めてゆっくり休む。当初心配していた時間も余裕ある。作業路より唐沢川に下る。以前より随分荒れた川原を石尊沢右岸尾根取付へ、水は渇れている。尾根に取付いてすぐに若い兄さんが下りてきた。「俺の山紀行」を知っておられるようだ。時々アセビに絡まるイヤな登りだが何とも周りの雰囲気が良い。初めてV尾根歩いた頃のような緊張感も何だか新鮮。でも登りはキツイ。やがて会場。マイナー探検隊と花立小僧さんが先着されていた。その後、ぞくぞくと到着され主催のM-Kさんも到着され、shiroさんに持参頂いたブルーシート広げて、楽しいひとときを過ごす。ちょっと寒い。そして閉会。ミックスナッツさんは大山の肩に登って行かれ残りは南大山沢へ下る。そして稜線への登り返しがキツイ。ちょうど梅ノ木尾根の下り口だ。急下降の後、M-Kさん、AYさん、YAMさん、EAさん、shiroさん、ardbegさん、M氏、nenetaさんは屏風沢方向へ。花立小僧さん、キリヤマ隊長、アンヌ隊員、まーちゃんは鍵掛尾根から下山。鍵掛尾根は急な植林尾根だが歩き安いイメージだったが、モノレールができて、古い道は消え歩き難くなった。

厚木で軽く反省会。

皆様ありがとうございました。


たまには山歩きもいいなぁと思えた1日でした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック