170729wally

画像
ひたちなか、からの帰りは遅く京急 は人身事故。あんまり人の死ぬ事までとやかく言うつもりはないが、余りにも迷惑だよな~結局、家には帰れず事務所で仮眠して早朝家に帰る。眠いけど寝れない…っで出かける事にした。

出張の多い仕事と言えば、自分の若かりし頃はクライミングとの両立は無理に等しかったけど、今の自分の出張パターンだと色んなとこで登れるのがいい。
行ったクライミングジムの数だと国内でも上位なんじゃないか!?なんて思う。今度、いつ行けるか分からなくて会員にならなくて良いジムはちと高くなるがビジターで登らしてもらっている。それでも、表紙の写真のようにガードたまる。
今の仕事はクライミングに向いているんじゃないかな?50才を前にクライミング再開して、運動神経ゼロに等しい自分が、今程登れるのもそのお陰に思う。

ホントは攀弐に行きたかったが、出遅れもあり、ホールド替えのホトボリもさめたであろう藤沢のwallyへ。
左側1番手前を登れるとこまで登ってみよう!でも右側が今日は空いている。6級は混む前に登っておこう。でも各壁1題で2題のみ。目的の壁では6級、5級登るが設定数は少ない。ここまで全て1撃。4級取付く前に、珍しくガラガラの右側の5級に触れる。スラブの5級はトラバの課題はラストの足間違え2回目で、スローパーな課題は1度諦めたが、やっぱ登る気になって4~5回のトライで完登。垂壁の5級は全て1撃。
目的の壁には4級4題あって2題1撃。1題は1見無理に見えたがやってみるど絶妙な足位置で力使わずに登れた。スローパーな課題はスローパー上の右のホールド持ち悪く、左を先に取ってゴールへデッドの無理矢理解決…5回目でクリア。デカホールドに座ってゴールな課題な2回目でクリア。3級は急に難くなりお話にならず。まだまだ右側が空いている。こちらの4級にもトライ。今までは5級も満足に登れてないこれらの壁で今回、スラブは2題中1題。垂壁は6題中3題の完登。1撃2題。進歩したのか課題が易しい目になったのかは不明。
この辺りで引き上げ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック